(9)転換障害

甲南女子大学 稲垣由子 

身体表現性障害とは、心理社会的要因が引き金となって、身体疾患のような症状が出現するものです。その症状のために、日々の生活を送るのが苦しくなっている状態を指します。

転換性障害は身体表現性障害の中の一つで、昔はヒステリーと一般に言われていました。

子どもの場合、身体的にも精神的にも未熟なため、心理社会的なストレスを自覚できず、しかも言葉で表現しにくく、行動や身体症状になって現れやすいのです。一般には年齢が高くなるにつれて患者数は増え、男性よりも女性の患者さんのほうが多く2倍にも上るといわれています。

診断は身体的な疾患が認められないことが条件です。その上で、あたかも身体疾患を持っているような症状が認められます。たとえば、何らかのストレスや心理的な要因が引き金となって、運動機能や感覚機能が損なわれています。具体的には、運動麻痺、部分的脱力(力が抜けて歩けない・手が挙がらないなど)、物が飲み込めない、声が出ないや、触覚・痛覚の消失や聴覚障害、視力障害などです。また、子どもに多いのは発作やけいれんなどがあります。

年少の子どもでは、急性の経過で、安心・安全感を子どもが感じると、良くなるものが多いです。そのために、子どもに安心・安全感を感じさせるように接することがケアする際に大切になります。運動障害を長期にわたって示すことから、使わないことによる二次的な機能障害に陥ってしまう場合もあります。

治療は、子どもの表現している身体症状に寄り添いながらも、引き金となっているストレス要因に注意を払いながら、子どもの自尊感情を自ら感じられるように接することです。

そのほか環境調整や、薬物療法がありますが、身体的な疾患が否定されれば、心の診療の専門家にかかることをお勧めします。

このページのトップへ


  1. (1)起立性調節障害:田中英高
  2. (2)過敏性腸症候群:島田章
  3. (3)気管支喘息:赤坂徹
  4. (4)過換気症候群:小柳憲司
  5. (5)慢性頭痛(片頭痛、緊張性頭痛など):安島英裕
  6. (6)消化性潰瘍:竹中義人
  7. (7)心因性嘔吐:岡田あゆみ
  8. (8)非器質性視力障害:石崎優子
  9. (9)転換障害:稲垣由子
  10. (10)心気症:氏家武
  11. (11)身体醜形障害:村山隆志
  12. (12)疼痛障害:汐田まどか
  13. (13)身体化障害:二宮恒夫
  14. (14)その他の身体疾患による精神症状:藤本保
  15. (15)神経性食欲不振症(若年期発症):井口敏之
  16. (16)不登校の早期対応:村上佳津美
  17. (17)いじめ問題への対応:河野政樹

このページのトップへ