(12)疼痛性障害

日本小児心身医学会 汐田まどか

  1. 子どもの「痛み」について
    子どもが体の色々な部分を「痛い」と訴えることはとてもよくあることです。ただし、子どもが「(体のどこかが)痛い」というときは、大人の痛みの訴えとは違う点があることに注意が必要です。心とからだが未分化な子どもでは、精神的なストレスも含め、色々な体と心の状態を「痛い」ということばで表現します1)。例えば、「おなかがいたい」という訴えは、腹痛の他にも、不安、不快、疲労感などのあらわれである可能性があります。ただし、いずれにしても、子ども本人には「痛み」として自覚されているので、痛くて大変なんだというについてまわりの大人はまず共感することが大切です。
  2. 診断・鑑別診断
    通常、痛みの訴えがあり、その原因が明らかになると、例えば「偏頭痛による頭痛」「ウイルス性胃腸炎による腹痛」などと診断名がつきます。疼痛性障害は、通常、これらの身体疾患としての最終診断がつかない状態をあらわすことばです。
    DSM-Ⅲ-TRでは疼痛性障害は身体表現性障害というカテゴリーに分類されています(表1)。身体表現性障害は、身体の症状を訴えますが、その背景となる身体の機能障害や素因よりも精神的な要因のほうが主である点が、心身症との違いです。身体表現性障害のうち疼痛性障害は、「身体の1つまたはそれ以上の部分の疼痛が生活上の支障を生じる程度にあり、心理的な要因が症状に影響をおよぼしている状態」と定義されています。本人が痛いと感じている状態なので、詐病(いわゆる仮病)とはちがいます。子どもでは疼痛症状が単独で出るというよりも、不登校に反復する頭痛、腹痛を伴うなど、他の精神的な病態を背景として痛みの症状が出る場合が多くみられます。
    身体的な検査はまず必要最小限のものを行い、経過をみながら必要な検査を追加するほうが子どもと家族の負担を少なくすることができます。検査で身体疾患が特定できなくても本人の苦痛が減るわけではないので、子ども本人に説明する場合は、単に検査で異常がないから精神的なもの、とは言わないで、心配な病気ではなさそうだが、どうしたら痛みが軽くなるかを一緒に考えていこう、という話しかたをするほうが良いでしょう。
    鑑別すべき身体疾患としては、反復する腹痛の場合、消化性潰瘍、クローン病などの消化器疾患、尿路感染症などがあります。また、不安障害、うつなどの気分障害、統合失調症などの精神的な疾患が背景にあってしつこい疼痛を訴えることもあるので、この場合は精神科に相談する必要があります。
  3. 治療
    まず、どのような心理社会的ストレスが症状を引き起こしているのかをできるだけ明らかにし、環境調整をすることが重要です。どのような時に症状が出やすいのかをみて、症状が出やすい条件を除きます。痛みを訴えるときにだけ本人が注目されると、症状を強めることがあります。また、本人が色々な感情を言葉で表現できなかったり、周囲にあわせようとしてがんばりすぎていたりすることが多いので、遊びの中や言葉で感情の表出をはかる必要があります。そして、治療の目標としては、症状がなくなることにこだわりすぎず、ある程度症状があっても日常生活をできる限り行うようにしていきます。
    経過の中で、環境調整をしても痛みが続く、痛みの場所が特定の部位になってくる、などの場合は、身体の問題がないかどうかの見直しも行う必要があります。?

表1 疼痛性障害(Pain Disorder)

  1. A. 1つまたはそれ以上の解剖学的部位における疼痛が臨床像の中心を占めており、臨床的関与が妥当なほど重篤である.?
  2. B. その疼痛は、臨床的に著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている.
  3. C. 心理的要因が、疼痛の発症、重症度、悪化、または持続に重要な役割を果たしていると判断される.?
  4. D.その症状または欠陥は、(虚偽性障害または詐病のように)意図的に作り出されたりねつ造されたりしたものではない.?
  5. E. 疼痛は、気分障害、不安障害、精神病性障害ではうまく説明されないし、性交時疼痛の基準を満たさない.

このページのトップへ


  1. (1)起立性調節障害:田中英高
  2. (2)過敏性腸症候群:島田章
  3. (3)気管支喘息:赤坂徹
  4. (4)過換気症候群:小柳憲司
  5. (5)慢性頭痛(片頭痛、緊張性頭痛など):安島英裕
  6. (6)消化性潰瘍:竹中義人
  7. (7)心因性嘔吐:岡田あゆみ
  8. (8)非器質性視力障害:石崎優子
  9. (9)転換障害:稲垣由子
  10. (10)心気症:氏家武
  11. (11)身体醜形障害:村山隆志
  12. (12)疼痛障害:汐田まどか
  13. (13)身体化障害:二宮恒夫
  14. (14)その他の身体疾患による精神症状:藤本保
  15. (15)神経性食欲不振症(若年期発症):井口敏之
  16. (16)不登校の早期対応:村上佳津美
  17. (17)いじめ問題への対応:河野政樹

このページのトップへ