北海道地方会

第10回 日本小児心身医学会北海道地方会 開催のご案内

日  時 平成25年7月28日(日曜日)午前12時~午後5時
役  員  会:午前12時~12時15分
総   会:午前12時15分~午前12時30分
特別講演Ⅰ:午前12時30分~午後1時30分
特別講演Ⅱ:午前1時30分~午後3時
副会長講演:午後3時~午後4時
一 般 演 題:午後4時~午後5時
会  場 札幌医科大学大講堂(南1条西16丁目、札幌医科大学研究棟1階)
参 加 費 1,000円(年会費)
特別講演Ⅰ

「子ども虐待予防の新しいケア;アタッチメント障害の視点より」

講師:井上登生先生(大分県中津市医療法人井上小児科医院院長)
座長:氏家武(北海道こども心療内科氏家医院院長)
特別講演Ⅱ

「保育臨床と関係性援助」

講師:青木紀久代先生(お茶の水女子大学発達臨床心理学講座准教授)
座長:手代木理子先生(札幌医科大学病院小児科心理士)
副会長講演

「乳児期から成人まで経過観察して得られた、広汎性発達障害の診察のしかた」

講師:沖潤一先生(旭川厚生病院小児科部長)
座長:上田敏彦先生(北海道立精神保健福祉センター部長)
一般演題 座長: 須見よし乃先生(札幌医科大学附属病院児童思春期こころと発達外来)
 (発表30分、質疑応答時間なし)
1.演題名「自閉症の人の医療受診を学ぶビジュアル教材の検討」
演者:野田孝子先生(札幌医科大学大学院保健医療学研究科博士課程後期)

座長: 國重美紀先生(札幌医科大学附属病院児童思春期こころと発達外来)
 (発表時間10分、質疑5分)
2.演題名「中学卒業と同時に増悪した社会不安障害の1例」
演者:岩本圭祐先生、縄手満先生(KKR札幌医療センター小児科)
3.演題名「ある広汎性発達障害を持つ思春期女子の社会性の発達について~女性性の芽生えを手掛かりとした心理療法過程の検討」
演者:上出真奈先生、須見よし乃先生(札幌医科大学附属病院児童思春期こころと発達外来臨床心理士)
4.演題名:「はこだて療育・自立支援センター開設初年度の診療状況」
演者:須佐忠信先生(はこだて療育・自立支援センター診療所)

 

日本小児心身医学会北海道地方会に参加すると、下記学会の単位を取得できます。
日本小児科学会専門医:4単位、日本心身医学会認定医:3単位、日本臨床心理士資格認定:発表者4ポイント、参加者2ポイント。参加者には受付にて参加証をお渡しします。


このページのトップへ


その他の地方会のご案内