九州沖縄地方会

第8回日本小児心身医学会 九州沖縄地方会のご案内

日時 平成24年3月11日(日)
場所 かごしま県民交流センター
会長 増田彰則
抄録 二次抄録はこちら(PDF:会員専用)

(一般演題)

  1. 幼児期の夜尿症に対するペアレントトレーニングが奏功した2例
    芝原祥三・内門一・相星壮吾・奥章三(鹿児島こども病院)
  2. モノからヒトへの攻撃性の変化を呈した抜毛症男児との遊戯療法過程
    前原恵理、平川忠敏(鹿児島大学大学院 臨床心理学研究科)
  3. 遺尿症患児のバウムテストにみられる母子関係
    大徳朋子、錦井友美(国立病院機構長崎病院 小児科)
  4. AD/HDの初診時にどう説明するべきか
    藤川貞敏(藤川こども心療クリニック)
  5. 現実逃避するアスペルガー症候群の中2女子の心理療法過程
    ~現実逃避から現実への橋渡し~
    渡邊麻子(臨床心理士)・新澤洋子(臨床心理士)・藤本 保(大分こども療育センター)
  6. 発達障害への理解が乏しい中での男児の変化について
    蜷木聡子(心理士)(北九州市立八幡病院小児科)
  7. 保護者がなおす不登校 ―小5と中2の事例を通して-
    園田順一¹、福本星河¹·²、武井美智子¹·²(¹こころのサポートアミ、 ²武井内科クリニック)
  8. 認知行動療法による女子中学生の過敏性腸症候群へのアプローチ
    古賀靖之¹·²、増田彰則 ²(¹ 西九州大学大学院、² 増田クリニック)
  9. 小児心療科における家族会の実施とその結果
    井上加代1)、中田里美1)、宮田亜矢1)、橋本恵子2)、小柳憲司2)1)長崎県立こども医療福祉センター 看護部、2)同 小児心療科)
  10. 攻撃性の切り替えを課題とした6歳男児とのプレイセラピー
    鬼塚 史織、荻野 佳代子、梅根 眞知子(特定医療法人社団宗仁会 筑後吉井こころホスピタル(旧:奥村病院))

 

(ランチョンセミナー)

「発達障害の包括的支援」
演者:林 隆 先生(山口県立大学大学院 健康福祉学研究科教授)

 

(シンポジウム)

「小児の諸問題に対する心身医学的対応」

  1. 起立試験を入院で行う意義
    田山達之、橋本恵子、小柳憲司
    (長崎県立こども医療福祉センター 小児心療科)
  2. 前向き子育てプログラムによる幼児の問題行動への心理的対応
    藤田一郎(佐賀大学文化教育学部)
  3. 当科で加療した排泄の問題を持つ小児例の検討
    錦井友美(国立病院機構長崎病院 小児科・小児心療科)
  4. 神経性食欲不振症小児例の認知行動療法
    武井美智子、豊倉怜奈、岩重正一、園田順一、高山巖1,2 (武井内科クリニック・カウンセリングルームユーカリ、こころのサポートアミ2吉備国際大学) 

 

(一般演題)                  

  1. 生物学的(Bio)製剤導入後の若年性特発性関節炎(JIA)患児の精神機能評価
    野中由希子、根路銘安仁、山崎雄一、久保田知洋、赤池治美、嶽崎智子、今中啓之、武井修治(鹿児島大学医学部歯学部附属病院 小児診療センター小児科)
  2. EMDRを適用したパニック障害の1例 −中学生時の怒りに焦点化して−
    山本佳恵、山本克康、山本克己、秋山俊夫(筑豊病院、秋山心理臨床研究所
  3. 8年余の児童虐待歴を持ち、PTSD、生活史健忘、神経性過食症、高度肥満、ゲーム依存症などを呈し、EMDR が著効を示した大学生の一例
    山中隆夫、岩重正一(鹿児島国際大学大学院)
  4. 就労状況から見た発達障害児に対するソーシャルスキルトレーニングの効果
    岩重正一、山中隆夫(鹿児島国際大学大学院)

 

このページのトップへ


その他の地方会のご案内